低リスクな鼻毛処理方法.

鼻が人体の健康維持において 重要な役割を担っている 事を踏まえ、鼻毛もその一部である事を考えると、いくらうっとおしい鼻毛といえども、処理するには 体に優しい方法を取るべきです。

鼻毛処理で最も安全で低リスクな方法とは?

『切る』
これに尽きます。

 鼻毛の役割を考えると 鼻毛を完全に無くしてしまう事は、その後の健康的な生活を継続する上で 少なからず影響を与えてしまう可能性があります。
やはり 一番望ましい方法としては、ハサミ もしくは 鼻毛カッター等で切る事が 安全で、何よりもリスクの低い方法といえるでしょう。

鼻毛専用のハサミも 今では充実していますし、何と言っても”道具大国 日本”。便利な鼻毛カッターを使えば ほんの数秒で処理できてしまうでしょう。
 わざわざ時間をかけて 1本1本抜くなんて・・ しかも「最悪、死ぬかも・・」という 重たいリスクを背負ってまでも する意味はありません。

鼻毛の上手な切り方.

鼻毛電動カッターは大手家電メーカーなどで1000円代から販売されています。日本ではまだそれほど普及率は高くないようですが、欧米諸国では結構普及しているようです。やはり目鼻立ちのハッキリしている白人系の人達は鼻が高く、鼻 自体が目立つので鼻毛にもかなり気を使っているのではないでしょうか?

電動の鼻毛カッターは根元の部分までは切れない と言う難点があるため、鼻の穴が目立つタイプの人にはあまり満足いくものではないかも・・

その点、ハサミ(鼻毛用)の方が、細かい部分までカットできるので一般的に広く使われているみたいです。鼻毛専用のハサミは、先端が丸くて 尖っていないので鼻の中を傷つけにくく、小ぶりで使い易い仕様になっています。

では、上手に鼻毛をカットするやり方を、ご参考まで。

1. 準備するもの / 鼻毛用ハサミ・綿棒もしくはティッシュ・鼻の穴&手元が良く見える鏡(拡大鏡だったらなおよし!)・あればスタンドライト(鼻の穴の中を明るく見やすくするため)

2. 綿棒orティッシュペーパーで鼻の中の汚れや水分を取り除く.

3. 鼻の穴と手元をよ〜く見ながら ハサミを鼻の穴と平行に入れ切っていく.

4. 鼻の中隔部分の毛までカットしたい場合は、できるだけ鼻先を押し上げ(ブタ鼻状態)ハサミは常に平行に保ち皮膚を傷つけないように慎重に!!

5. 一通りカットし終わったら、上から指で押して鼻毛が出てこないか確認する.

6. 綿棒orティッシュを軽く湿らせて 鼻の中に残った細かい毛の残りを綺麗に拭き取る.

鼻毛のカットは基本 入り口から5mm〜1cm位までにしておきましょう。
 あんまり奥まで切りすぎてしまうと、それこそ鼻毛本来の役割であるフィルター機能が無くなってしまいます。