鼻毛のうっかりハミ毛に要注意!


きちんと処理をしているにもかかわらず、鼻毛というのは ともすると どこからともなくポッカリと鼻の穴から顔を出してしまう事があります。
 気が付かないうちに・・ 

そんな人は、まだまだ処理した後の状態が甘いのかもしれません。また 鼻毛は、生活環境や加齢などでも伸びる速度が変わってきます。
 とかく男性ホルモンの影響を受けやすい鼻毛。

職場環境が 競争の激しい実力主義的傾向だったり、食べ物の嗜好が肉食中心だったり、と 何かと男性ホルモンを刺激するような生活環境にどっぷり浸っている場合は鼻毛が伸びる速度が速く、毛の質も剛毛に近いものに変化するようです。あと「タバコを吸う」とかも原因の一つ。

「最近鼻毛が伸びるのが速くなった」、「鼻毛の量が増えた」などと感じる場合は、このような事がないかどうか チェックしてみてください。

鼻毛のチェックは毎日するべし!

人と相対する仕事をしている人は、それこそ毎日のように鏡で自分の顔をチェックするでしょうから問題ありませんが(稀に鼻毛までは注意しない人もいますが・・)、専門職の人(人と接しない職業)は ホントに たま〜に気をつける程度だと思います。
 この甘さが、いずれ自分に跳ね返ってくるともしらず・・

人と頻繁に会う仕事をしている場合は、鼻毛のハミ毛なんて 言語道断! マナー違反もいいところ。

しかも たった一度でも発見され、周りに拡散されてしまうと、そのイメージは意外にも引きずられてしまいがち。
 ひどい時は、仲間ウチで 「ハナゲオンナ」「ハナゲオトコ」として、どんなイケメン・イケ女でも しばらくは レッテルを貼られ、ランチやディナーのオカズにされることは間違いありません。

そのような事にならないためにも、たとえ人と接することが少ない場合でも いつ何時 不意な用事で出かけてもいいように、毎朝の鼻毛チェックだけは 怠らないようにするべきです。

鼻をホジることも時には必要?!

「鼻をホジる?!そんなお下品な事するわけないじゃん!」

 ですよねー。
人前でするのはかなりヤバイ事ですが、鏡で見る以外で鼻毛をチェックするのには 実際に触ってみるしかないですよね。だから “ホジる” と言うより “触る”。鼻の穴の入り口1cmくらいを軽〜く。
 鼻クソを発見した場合は、ついつい取りたくなるものですが、クセになってしまうとさらにマズいので、鼻クソはホジらないようにしましょう。

鼻の穴を指で触ってみることで、鼻毛の伸び具合がわかります。
 例えば、鏡で見た時に鼻から毛が出ていなくても 入り口あたりの毛が指でツマメルようであれば、気が付かないうちに 鼻から飛び出してくる可能性は十分に考えられます。

要は たまには鼻をホジって 毛の状態をチェックすることも必要 と言う事なんですねー。